第117回(2018/7/1-7/7投句分)

投句フォームと結果に戻る

34名67句 森山文切選
点滅が始まる前に肉料理 阿部千枝子
ごめんねが熟睡をするお爺ちゃん まさよし
曲がり角まっすぐ歩く酔っ払い 武良銀茶
夏用にしたい私の剣道着 真島凉
飲んでいました アリバイはありません 平井美智子
遠浅の海だ楽観主義でいく よーこ
携帯を鳴らしてくれる夏の虫 くみくみ
とりあえず着たらまわりもストライプ 徳重美恵子
そこをどきなさい悲哀が通ります 斎藤秀雄
こっそりと浮かんだ今日の土踏まず 西沢葉火
小躍りの田毎の月が迎えてくれた 岩根彰子
この道で行けよと水たまりに虹 海月漂
塀越しのトマトの熟れが気にかかる はな
ビーナスの顔して招く春画展 福村まこと
理不尽の端っこちょっと吸ってみる 尾崎良仁

上澄みの色は南国パラダイス アオイ琉星
嘘つきが逃げないようにわさび練る 冬子
ランドセルもう水色が飽きている 真島芽
ゼニガメがローンを組んで強くなる 芍薬
水族館のガラスを鼻でスクロール ヨッシー
生命線伸ばすゆとりの土いじり 小林祥司
評:バリバリ働くより長生きしそう。
傾いたままの向日葵 雲を詠む くに
評:太陽は詠めないので。
サングラス外すとヌッと出るおヘソ 畑中玉菜
評:「見てほしかったの、そこじゃねぇんだけど。」