第129回(2018/9/23-9/29投句分)

投句フォームと結果に戻る

50名96句 森山文切選
和訳した嫌がらせならよく分かる 柊無扇
胃薬を飲んで息子の話聞く 小林祥司
休み時間 透明だから無視される 峰岡名負人
本気にはならないなんていうホンキ 心咲
情欲の海を彷徨う知恵袋 八郎
いくつもの罪を背負ってきた丸太 ホッと射て
熱帯夜竹を蹴やぶるかぐや姫 須賀琉
軒先にススキ吊るして月見酒 肉球姉
お月見は金粉入りの酒にする 彦翁
火の鳥がなかなか鳴かず強火にす 秘まんぢ
さよならを言う暇もない海綿体 あまの太郎
嬉しいと回覧板は自転する たにゆめ
眼科医と水トラブルの修理する まさよし
ドーナツの輪だけ妹食べ残す ただよう
黒猫が毎晩通う魔女の墓 江西レイ
大井町で見た夕日よりも赤い 小俵鱚太
案山子にも靴擦れがある収穫期 芍薬
病人が出て火葬場に救急車 ヨッシー
白球がテニスコートで逃避行 平出奔
立って座って起きて眠って鳥のくに 斎藤秀雄
ときとして過呼吸になる千羽鶴 冬子
くる時が来た 切手が逆に貼ってある 敏治
逆に言う。そういう観音像もある。 内山佑樹
パラパラのチャーハン バラバラの二人 藤井智史

首ぷかり夫婦で年金の波間 藤沢修司
鬼の首取ったかのよう母子手帳 浮舟
ダークモカチップクリームフラペチーノと蚊 御殿山みなみ
ハレとケを撹拌カフェオレできあがる よーこ
善人のマジックテープ式の靴 岩倉曰
睦言に死語をたくさん入れてみる 杉倉葉
評:腹上死で死後の世界にいかなくてヨカッタデスネ。
歯ブラシが開き切っても入社式 西沢葉火
評:もうすぐ取り替えられる歯ブラシ
飽和した誰かの投げるガラス瓶 くに
評:火炎瓶は投げられないから。