第131回(2018/10/7-10/13投句分)

投句フォームと結果に戻る

55名105句 森山文切選
お小言は連座ですからシオコショー 冬子
去り際が今日イチ嬉しそうだった 岩倉曰
妻の目がセンサーになる盗み酒 彦翁
弁当に仕込む総菜夜つまむ 真島朱火
甘くない梨まあまあと言って食う サトシワタナベ
紙切れにたった五文字の殴り書き 日向彼方
誤字脱字あるから楽しみな会話 青砥たかこ
薬局で医者の評価をする患者 田原勝弘
街灯り指鉄砲で撃っていく 香菜
句読点入れて傾聴ものにする 阿部千枝子
ボロボロの手には恋よりステロイド むぎのあわ
三人称ばかり纏っているピエロ ホッと射て
みぞおちに下がる遊泳禁止札 まさよし
ギアチェンジ秋の星座を吸い込んで くに
セルフレジに叩く小銭のありったけ ヨッシー
ほら穴にクイズを残す原始人 武良銀茶
ここらへん全部いぬなのほんとなの 夏鵜
電池切れですが少しは笑えます 尾崎良仁
海底に眠る信者の喉仏 秋鹿町
縁側でエンドロールを見る老後 あまの太郎
君の飼う異形の鳥を見てしまう 笹川諒
長居してしまう金木犀の膝 岩根彰子
アリクイのいやらしすぎる指使い 芍薬
菊花賞の当たり馬券で鶴を折る 若枝あらう

名は体とせめて雅号でするおしゃれ 敏治
面接のドアノブ冷た過ぎないか 藤沢修司
ピザマルゲリータと照れず云えて、完 toron*
付箋紙に愛されている音楽家 内山佑樹
伏線を糸こんにゃくとすり替える たにゆめ
あたりいちめん口内炎のない埴輪 御殿山みなみ
評:はに丸とひんべえには口内炎ありそう。
オールフリー人質っぽく生きてきた 小川優
評:ノンアルコール人質テイスト
盲点を見合う至近距離の寿司屋 斎藤秀雄
評:カウンターパンチが届く距離で。