毎週web句会第163回(2019/5/19-2019/5/25投句分)

投句フォームと結果に戻る

天の句、その技と心
没のポイント3(おやつリスペクト)
は少なくとも10月末まで休載です。

58名110句 森山文切選 入選33句
無調整豆乳とだけあるLINE 鴨居
泡立ちの良い石鹸は信じない ヨッシー
緋の月のしたたるように胸の薔薇
退屈がアジの開きに伝播する がね
にゅう麺で豆腐を縛るような嘘 袴田朱夏
クーポンで日サロに通う吸血鬼
パワハラがUターンするかずら橋 木根川八郎
ドーナツの穴から落ちていく評価 雪上牡丹餅
下駄箱にアイスをしまう修行僧 青山祐己
濡れすぎた靴で一蹴り水たまり はんたろう
適齢期過ぎたタニシの独り言 あまの太郎
置き去りにされても走る白い靴 秋鹿町
透明になって蛍を呼んでいる 真島久美子
私だけ記憶の中にナタデココ 夏鵜
当たりピノ集めて繋ぐオリオン座 尾崎飛鳥
空っぽの枝豆である君の服 甘酢あんかけ
モスキート音が今日は聞こえる給料日 アゲハ
ちょっとしたパーティー用に買うパセリ 未補
踊るのに飽きた黒子のコップ酒 彦翁
恋すれば一対一の生魚 杏野カヨ
老い二人精彩を欠く冷蔵庫 村上佳津代
実家から出たがっている袋とじ 浅井誠章
薄闇をかぶって白いオオカミと 斉尾くにこ
力点が緩くて恋になってゆく 真島久美子
思春期のドア闇雲に静電気 糸篠エリー
佳5 前髪を切ってあなたに溺れまい 水谷裕子
佳4 蝶々結びのどこまでを済ませたか いゆ蘭
佳3 ツーブロックに刈って恋せよハリネズミ もーやん
佳2 デイケアの利用者揃う夏祓 菊池洋勝
佳1 煙突の錆が上書きするロマン 西鎮
耳たぶを揉まれて昨日から猫背 斎藤秀雄
ゼッタイ昨日からじゃないヨネ。
三度目のお手で水かき消えた犬 芍薬
「犬」に成り下がったのか、望んでいた飼い主にようやく巡り合えたのか。「犬」のみぞ知る。
ベッドサイド打ち上げられた耳光る 秘まんぢ
上五は「枕元」に置き換えられると思う人もおられるかもしれないが、「枕元」では耳は打ち上げられないし、光らない。「ベッドサイド」だから、打ち上げられ、光る。ベイサイドのホテル、ベッドからの夜景、妖しく光る「あなた」の耳、そんなドラマを感じさせる句である。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)