毎週web句会第198回(2020/1/19-2020/1/25投句分)

投句フォームと結果に戻る

46名88句 森山文切選 入選27句
ヤクルトをあげる知らない人だから 斎藤秀雄
リズム感なくて包丁から折れる 都いとり
ふぐ刺しが浮き彫りにする下心 八郎
イチャイチャを諭すドライブレコーダー まつもともとこ
正月がするめになって道を説く
水深をキスの数だけ上げる愛 浅井誠章
コカ・コーラ二十八時の駅に立つ toron*
あんぱんと犬のちからを信じたい いなだ豆乃助
噴霧器が描いた虹に不仲説 颯爽
アナウンサーの寝癖の角度 芍薬
罫線はコースロープか字が凭れ ヨッシー
澄んでいて水際だとは気付かない 斉尾くにこ
タピオカが涙で飾る春の丘 水谷裕子
半分に切った神話が匂いだす 笹川諒
天窓を閉めて転職を伝える 都いとり
圧力をすり抜け丸み増す楕円 かしくらゆう
円陣の真ん中にいるペルシャ猫 霧島絢
おばちゃんがサンダル脱げばもうアジア 尾崎良仁
全集のにおいが指に移りゆく 水城鉄茶
佳5 同性のヘルパーとしか話さない 菊池洋勝
佳4 数字をへこませて海峡がひらく 抹茶金魚
佳3 三次元生きるペラペラな存在 藤井智史
佳2 逆さまのままハンカチの箱ひらく 斎藤秀雄
佳1 白鳥を眠らせている膝枕 西沢葉火
弁護士のくちびるがやや腫れている 青山祐己
てのひらの浅瀬に落とす未来の歯 未補
傷ついた雉鳩ねむる貴賓席 涅槃girl

毎週web句会第197回(2020/1/12-2020/1/18投句分)

投句フォームと結果に戻る

47名90句 森山文切選 入選27句
ゼクシィの付録欲しがる三番手 まつもともとこ
僕の詩は百パーセント自前なり ヨッシー
補聴器の耳にも届く春の音 澤井敏治
霜焼けのトマトのギュッとしたところ 尾崎良仁
お互いに見えるところに鍵括弧 杏野カヨ
内視鏡届かぬ先の痒みかな 菊池洋勝
ビンゴゲーム最後の玉はユダだろう 真島久美子
信頼の角を齧っているねずみ 彦翁
手のひらの弓兵がまた減っている 笹川諒
標識はみかんの汁で書いてある
全国に評価されてた自虐ネタ 雪上牡丹餅
観覧車透き通りゆく翅の音 麦乃
タイプライターが知らない雪の音 toron*
少しずつ跳ぼうとしてる杏子ジャム 浪速のマッキントッシュ
カナリアの自白にしては罪深い
引っ張った紐についてたスフィンクス 水谷裕子
マラカスにジャイロ組み込む女学生 浅井誠章
骨格のきれいな順に雪となれ 斎藤秀雄
冬の桃座布団をひっくり返した 千春
佳5 ポニーテールに結い上げたなら    無音 千春
佳4 整形を重ねた末の抽象画 水城鉄茶
佳3 先生のバンパイアより赤い爪 あまの太郎
佳2 亡き父と同じサイズの壺を買う 涅槃girl
佳1 噴水に落ちてゆくエンゼルの影 toron*
一〇〇〇のネコ型ロボが目を覚ます いなだ豆乃助
リコーダーを並べて遠近法が狂う 抹茶金魚
無花果の葉の大きさで決まる席 福村まこと

毎週web句会第196回(2020/1/5-2020/1/11投句分)

投句フォームと結果に戻る

50名95句 森山文切選 入選32句
透明なルールブックに気をつけろ 西鎮
箱舟の予約を急かす温暖化 八郎
米の中見え隠れする出初式 浅井誠章
液晶の言いなり外付けの進化 糸篠エリー
双子の兄を想って回る観覧車 笹川諒
言い訳の長さに語尾が立ち枯れる 福村まこと
ベランダに葉っぱ一枚届かない 水鳥
子を宿すはずだったのか熟し柿 真島久美子
隠語ごとちゃぶ台返しして大人 袴田朱夏
はむはむと半透明の海老心 とわ
脱出の鍵を落とした交差点 麦乃
ルーティンの途中で踏んだかたつむり toron*
落書きの白が自分の舌にある 都いとり
1ページ毎に酸味が強くなる 都いとり
翼はためくスカートの下
添い寝してもらうから発酵してよ 千春
雨の中種を探して歩くハト 雪上牡丹餅
ドーナツに注ぐ紅茶が零れない 抹茶金魚
繭玉を振れば乾いたへその音 西沢葉火
下駄箱の中で光ってしまう靴  芍薬
楔形文字から消えた古タイヤ あさふろ
縦縞の韃靼人は纏まらぬ いなだ豆乃助
ヒッピーと分け合うミルクパイと嘘 あまの太郎
新しい靴に喧嘩を売るチワワ かしくらゆう
佳5 「太ったの」ポインセチアのアーチから 斉尾くにこ
佳4 丸めると鶴の形になるポンチョ 涅槃girl
佳3 ラザニアの幻臭がする遠未来 有無谷六次元
佳2 不審者じゃないとあったかウインナー 水谷裕子
佳1 焼きそばの裏にかかっている梯子 斎藤秀雄
救済の口約束をして回る l996
疑いもせずに転がる頭痛薬 真島久美子
目印にならない花で歯を磨く 未補

毎週web句会第195回(2019/12/29-2020/1/4投句分)

投句フォームと結果に戻る

47名91句 森山文切選 入選28句
一か八か記念切手のラブレター 武良銀茶
申し出が唐突なので虹をほどいてしまった 千春
おめでとう言っても無駄な爺と婆 田原勝弘
矢印のおあそびで建てるビル群 l996
人に焼酎に欠けてる芋臭さ ヨッシー
蝶々の体重風に聞いてみる 真島芽
デコトラのように荒ぶる餅つき機 水城鉄茶
はだかだと言われ逆ギレするおとな
鼻水と高解像度ディスプレイ 都いとり
乱れはじめる雪の葬列 涅槃girl
凧揚げぬ子育てをした自己嫌悪 澤井敏治
強かな男の長い舌を切る まつもともとこ
泣きながらローラー滑り台登る 甘酢あんかけ
レトルト食品減りゆく祖母の家 狂里
フォトは褪せ想い出がほろほろと降る 糸篠エリー
冬を見ていたのか人を見ていたのか 真島久美子
悲劇なら角を左に曲がります
情熱を履き違えてるカツカレー ペンギンおじさん
お笑いをバケツリレーで組み立てる 福村まこと
しかし日付は革製の鍵の中 斎藤秀雄
佳5 ボールが回るたび言葉が生まれる 抹茶金魚
佳4 砂丘から剥がれた鳥は爪になる 未補
佳3 月光をはじいてしまう椰子だから toron*
佳2 タンポポの涙を北風が奪う 真島凉
佳1 断片の記憶でレース編んでます 斉尾くにこ
豊胸を拒否し続けているガラス 雪上牡丹餅
青かびがあの子の顔になる詩論 来栖啓斗
網棚に伏せたページの天秤座 西沢葉火

毎週web句会第194回(2019/12/22-2019/12/28投句分)

投句フォームと結果に戻る

35名68句 森山文切選 入選21句
Eテレに出たくて棘を毟るバラ まつもともとこ
ファミリーマートの家族もみどり 冷川響
ゆで卵 知らないことを恥じなさい 水城鉄茶
「個人の感想です」連呼のラジオ 雪上牡丹餅
カラコロと天神さまへ弾む恋 岩根彰子
舟盛のつまに紛れる下心 八郎
念力でジンバブエまでシャボン玉 浪速のマッキントッシュ
‪二十足す二十は四十誕生日‬ 杏野カヨ
ドクダミと笑いのツボを審査する 水谷裕子
カーソルを置く初夢は揺れていて 都いとり
独りだと思うときの海でいてね 袴田朱夏
拳から零れるマグマらしき声 真島久美子
すべての椅子にしっぽが生える 抹茶金魚
佳5 道に落ちてた天使から犬の臭い ペンギンおじさん
佳4 前世もひねくれ者のさかまつ毛 犬井隆太
佳3 オークション高値のついた雪だるま かしくらゆう
佳2 玉雪に押し潰されたピラミッド 涅槃girl
佳1 体温計色のソースをぶちまける 冷川響
花ひらくようなからだのない右手 斎藤秀雄
マンホール毎に童話の表紙裏 西沢葉火
巣箱燃え尽きて回収される釘 斎藤秀雄