毎週web句会第228回(2020/8/16-2020/8/22投句分)

投句フォームと結果に戻る

41名77句 森山文基選 入選23句
シュシュッとやり過ぎ手荒れこれも禍ぞ 浮世っ子
死んだふりしている方が兄の嫁 さこ
サーファーが頭に乗せるきびだんご 浅井誠章
貰った雨で桃をふちどる 未補
(本人の申し出により削除)
秋の線を引くやってらんないすよ 尾崎良仁
パプリカに満たす博識爆発す とわ
ド忘れの海に膨らむ救命衣 まさよし
棘のある花冠を抱き締める 架森のん
叱られてナイトプールのヤゴになる 平安まだら
青春の反対側で光ります 袴田朱夏
添い寝していた筈なのに夜行性 西沢葉火
スターバックスコーヒーとソロの旅 西鎮
ツッコミの地獄に耐えている小石 藤井智史
遠雷と重機の区別つかぬ耳 菊池洋勝
本当に炭酸水かわからない
佳5 船室で割った子豚の貯金箱 涅槃girl
佳4 切れ味を試してみたいイカリング さこ
佳3 お友達登録薔薇を一つ棄て 杏野カヨ
佳2 雨の中確かな主語を待ち侘びる 水城鉄茶
佳1 鉄塊を愛さぬための処方箋 沢江風
出世して夏と煙草がたるんできた 斎藤秀雄
マスク焼けしている人を取り締まる 雪上牡丹餅
駅前で味方のふりをする人魚 麦乃

毎週web句会第227回(2020/8/9-2020/8/15投句分)

投句フォームと結果に戻る

36名71句 森山文基選 入選22句
かき氷ツンと痺れるパピプペポ 澤井敏治
アマビエが刺繍されてるTバック 涅槃girl
オウンゴールのように鉄板掃除する ヨッシー
イトトンボ夏の香りを連れてった ごませ
大切な人と生き続ける造花 藤井智史
友情がためされているなつのとも
腹筋をきたえてハープになります 斉尾くにこ
ある程度上手いからする肉離れ ヨッシー
お嬢様対決夏の真っ盛り 茄子春
税務署去る法案のように急かされ 斎藤秀雄
挨拶の代わりに見せるコッペパン ほのふわり
肩よりも上は各自に委ねます ほのふわり
空き缶の月光浴とエキストラ ペンギンおじさん
忍法がいちいち正規雇用調 平安まだら
佳5 提供は西瓜のなかにいる胡蝶 あさふろ
佳4 牛丼を切り札にする一騎打ち 福村まこと
佳3 ポケモンがしどろもどろの夜明け前 水谷裕子
佳2 いつまでも革命前夜のテーブル 袴田朱夏
佳1 風向きで一本増えるカモの足 さこ
橋脚は一家離散を信じない 沢江風
強引に始まっている糸電話 西鎮
手のひらに残ってしまう蚊のかけら 水城鉄茶

毎週web句会第226回(2020/8/2-2020/8/8投句分)

投句フォームと結果に戻る

40名78句 森山文基選 入選24句
白バイが来て字余りを取り締まる ヨッシー
戦争の重さは教科書の重さ 真島凉
「防衛」の刺繍のシャツの男の子 雪上牡丹餅
国境の屍体  富豪の聖書 秋田新屋
覆面で名刺交換する闇夜 福村まこと
粉塵にまみれた愛を抱きしめる 藤井智史
林檎にも落ちる理由があって泣く 架森のん
‪違和感をおぼえたほうの手で愛す‬ 杏野カヨ
二メートル離れ西瓜の種飛ばす 菊池洋勝
高い入り口みあげて丸くスカート咲き 斎藤秀雄
人の列蟻とは違う好奇心 彦翁
飼い殺しの影が三歳から老いず 抹茶金魚
ろっ骨をカラコロキンと落ちる雨 斉尾くにこ
空間を緑に変えるエネルギー
要らぬもの削ぎ落されて白い人 麦乃
姫それはくびれですなあワルですな 尾崎良仁
佳5 学校は貧乏なのかドアの音 真島芽
佳4 寅さんの海老カツサンドひからびる 水谷裕子
佳3 雨の名を忘れて蔓は伸び続け 真島久美子
佳2 信号を守るとわたし遅刻する 田原勝弘
佳1 あの人の船を任意の点として 西沢葉火
重火器に断りもなく咲いた花 ペンギンおじさん
社会的距離と言われた牛が鳴く
おとうとの眼鏡の影になるトカゲ 未補

毎週web句会第225回(2020/7/26-2020/8/1投句分)

投句フォームと結果に戻る

39名75句 森山文基選 入選23句
スリーサイズ同じ人居て暑さ増し 田原勝弘
見て呉れに価値を求める砂時計 雪上牡丹餅
楽しみと無縁な夏が過ぎていく 浮世っ子
ひっそりと線香花火する自粛 彦翁
イケメンの担ぐ神輿に出る歓喜 松澤秀幸
あのころの木の実恋しき人の跡 浅井誠章
短冊は地を這う者の形して 西沢葉火
付け根から発射しましょう前ならえ 平安まだら
無農薬ワインレッドの半ズボン 水谷裕子
中旬の返事はいつもナッシング 麦乃
昼顔に繋がれていた昼以外 抹茶金魚
あの世から語尾をぼかしたナレーション 颯爽
隕石が次々落ちる葡萄園 涅槃girl
ありふれた悲しみを1繰り上げる ほのふわり
黒山羊を笑わせている哲学者 さこ
佳5 笑うまで時間がかかる夜でした 袴田朱夏
佳4 マッチ棒みたいな顔ですれ違う 水城鉄茶
佳3 金屏風パタンと倒れ青い空 藤井智史
佳2 ふわふわのメレンゲ砂の味がする 麦乃
佳1 だるそうな犬からさらうひとさらい 西鎮
内側にもやっと渦を巻くミルク 斉尾くにこ
夏座敷超合金が払う邪気 菊池洋勝
雲をなぐさめ警官落ちている漁港 斎藤秀雄