毎週web句会第226回(2020/8/2-2020/8/8投句分)

投句フォームと結果に戻る

40名78句 森山文基選 入選24句
白バイが来て字余りを取り締まる ヨッシー
戦争の重さは教科書の重さ 真島凉
「防衛」の刺繍のシャツの男の子 雪上牡丹餅
国境の屍体  富豪の聖書 秋田新屋
覆面で名刺交換する闇夜 福村まこと
粉塵にまみれた愛を抱きしめる 藤井智史
林檎にも落ちる理由があって泣く 架森のん
‪違和感をおぼえたほうの手で愛す‬ 杏野カヨ
二メートル離れ西瓜の種飛ばす 菊池洋勝
高い入り口みあげて丸くスカート咲き 斎藤秀雄
人の列蟻とは違う好奇心 彦翁
飼い殺しの影が三歳から老いず 抹茶金魚
ろっ骨をカラコロキンと落ちる雨 斉尾くにこ
空間を緑に変えるエネルギー
要らぬもの削ぎ落されて白い人 麦乃
姫それはくびれですなあワルですな 尾崎良仁
佳5 学校は貧乏なのかドアの音 真島芽
佳4 寅さんの海老カツサンドひからびる 水谷裕子
佳3 雨の名を忘れて蔓は伸び続け 真島久美子
佳2 信号を守るとわたし遅刻する 田原勝弘
佳1 あの人の船を任意の点として 西沢葉火
重火器に断りもなく咲いた花 ペンギンおじさん
社会的距離と言われた牛が鳴く
おとうとの眼鏡の影になるトカゲ 未補