毎週web句会第234回(2020/9/26-2020/10/3投句分)

投句フォームと結果に戻る

41名80句 森山文基選 入選24句
ケツバット笑えた春があったっけ 平安まだら
エンジェルの弓引く先に廃ホテル 架森のん
あの子ならあの子の恋を飛んでるよ 袴田朱夏
ガーターの先に東京タワーあり 月餅
硝煙にまみれたドアにノブがない 沢江風
馬鹿みたく半袖舐める迷い犬 海月莉緒
青春の画布に試し塗りの汚れ 更待月
側溝のフタを鳴らして孫が来る 松澤秀幸
追憶の珈琲ゼリーすくう夏 水鳥
被害者の傷に自己言及の塩 雪上牡丹餅
肩書は人畜無害サンシャイン 沢江風
指切った黄色い線の内と外 西沢葉火
ならわしに染まっていない朝が来る
宿帳に動物臭の崩し文字 福村まこと
口紅で集合場所を書くカラス 秋田新屋
封書に指紋きみとわたしの時差に雨 抹茶金魚
佳5 強風で崖から落ちるコルセット 涅槃girl
佳4 ゲシュタルト崩壊してる笠地蔵 宮坂変哲
佳3 学校は文房具屋の前にある ヨッシー
佳2 マウントを取りあう人のミルフィーユ 平安まだら
佳1 踊ってる人に踏まれている切符 さこ
カチューシャを外し疲れたカブトムシ 水谷裕子
耳に線条痕うさぎの歌は下手 未補
ご近所の書店じわりと雑貨店 斉尾くにこ

「毎週web句会第234回(2020/9/26-2020/10/3投句分)」への3件のフィードバック

  1. ケツバット笑えた春があったっけ  平安まだら
    今なら体罰扱いされるでしょう。でも、昔でも体罰だったかもしれないと、受けた私は思います。

    エンジェルの弓引く先に廃ホテル  架森のん
    キューピッドでしょうか。はたして廃ホテルに効果がありますかどうか。組み合わせが面白いと思いました。

    硝煙にまみれたドアにノブがない   沢江風
    やくざ同士の抗争か、襲撃があったのでしょうか。

    肩書は人畜無害サンシャイン  沢江風
    肩書は権威です。肩書でその人の価値(勝ち)が決まるわけではないのですが、この句のように達観するのは難しそうです。

    側溝のフタを鳴らして孫が来る  松澤秀幸
    お孫さんが祖父ちゃんちに来るときは、いつもそうしているのかもしれません。これは伝統句会でも披講されそうですね。

    被害者の傷に自己言及の塩  雪上牡丹餅
    傷口に塩を塗る、の現代的表現と見ました。「媒体」を通しての誹謗中傷は醜いし、卑怯だと思います。

    指切った黄色い線の内と外  西沢葉火
    ひとつの解釈として、指切り=約束、黄色い線の内と外=駅のホームと考えられそうです。

    宿帳に動物臭の崩し文字  福村まこと
    動物臭がするなんて、どんな文字でしょう。上五から昭和の「連れ込み旅館」をつい、思い浮かべてしまいましたが…

    口紅で集合場所を書くカラス  秋田新屋
    嘴にくわえているのでしょう。カラス位頭のいい鳥ならそれくらいできそうだ、と思わせるところがミソです。

    封書に指紋きみとわたしの時差に雨  抹茶金魚
    指紋は「きみ」のものでしょうか。手紙を書いた「きみ」と受け取った「わたし」の間には越えがたい時差がある。解釈としてはレトロすぎるかもしれません。

    ゲシュタルト崩壊してる笠地蔵   宮坂変哲
    人間は部分ではなく全体に注目する(それが難しいのが例えば自閉症ですが)動物です。「全体」が崩壊しているということは、風雨で形が崩れて、在りし日の姿がわからなくなっているのかもしれません。

    学校は文房具屋の前にある  ヨッシー
    文房具屋の前に学校がある、ではただの説明文。学校は、とすることで、あたかもそれが普遍的事実であるかのように読者に思わせる句となったと思います。実際は必ずしもそうではないという事実と、句の説得力の間の揺らぎがひとつの魅力です。

    ご近所の書店じわりと雑貨店  斉尾くにこ
    本が売れない時代になりました。地元のレンタルビデオショップも、本やお菓子などを売る雑貨屋になりつつあります。零細の書店が多角経営せざるを得ないのが日本の現状かもしれません。もっとも、ブックオフという可能性もあります。店によっては、行くたびにじわり、じわりと雑貨屋になっていっています。

    コメントが掲載句の半分を越えましたので、このへんで失礼します。

  2. 【未発表の定義】

    投句フォームに記載の通り、毎週web句会では未発表句のみを対象をしております。柳誌での発表句はもちろん、公民館での掲示、他のネット句会入選句、ブログやtwitterでの公開など、媒体、形式は問わず、公表された句は発表済とさせていただきます。

  3. 【定期コメント】掲載順

    1句目、2句目はユーモア、時事吟など比較的インパクトがあると判断した句で、平抜き上位と同じくらいの評価

    3句目が入選句の中では一番下と評価した句で、3句目以降は下に行くほど順に良いと判断した句です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)