毎週web句会第239回(2020/11/1-2020/11/7投句分)

投句フォームと結果に戻る

45名87句 森山文基選 入選27句
蕾みたいと言われてもショベルカー 月餅
月曜が浮かれたままのさとうきび 南方日午
ウインクで招く試食の爪楊枝 ヨッシー
お祭りのあとひっそりと養命酒
少年は冒険王を諦める 西鎮
立つ鳥が残した毒は無味無臭 雪上牡丹餅
モーニング黄身が弾けてぬぐう口 ジョニー杉崎
液状化していく午後のあばら骨 史っ
父親としての自覚で踏むムカデ 袴田朱夏
初冠雪聞いたとたんに出たくしゃみ 澤井敏治
髪結いの亭主に恋をする味醂
鳴門巻きうっかりミスにしてやられ 颯爽
人の世の醜さ愛でるゆでたまご 浅井誠章
エプロンが飲み込んでゆく孤独感 ちゅんすけ
口笛に遅れて夢を語りだす 横井来季
もみあげがしきりに低く唸る夜 浅井誠章
神様の指紋が付いた証拠品 秋田新屋
色褪せたホロホロ鳥の鼻の下 まつもともとこ
干し柿が吊るされている飾り窓 涅槃girl
佳5 それもまた文学ですね生しらす 水城鉄茶
佳4 花時計葦も芒も外される 斉尾くにこ
佳3 密売を知っていそうな館内着 南方日午
佳2 群青の蝶は臨月飛べませぬ 沢江風
佳1 あなただけ中身を知らぬ野菜室 榎本ユミ
しあわせをつい早贄にしてしまう 石川聡
空洞をぴったり塞ぐパンケーキ 水鳥
カステラがちょっと顔出す番外地 さこ