#毎週web句会 第246回(2020/12/20-2020/12/26投句分)

投句フォームと結果に戻る

41名80句 森山文基選 入選16句
自転車は辛いし助手席は眠い 真島凉
コロナ禍に翻弄されて除夜の鐘 田原勝弘
セロハンテープでつくる虹から雪が降る 横井来季
鳥かごに戻って行った薬指 史っ
シャチホコに留守を任せて英会話 さこ
新雪か根雪か空の落下点 真島久美子
掘り当てて牛の墓だと諭される 抹茶金魚
風呂吹が出るなんて病院も粋 菊池洋勝
佳5 イヤホンが落ちて冷たい音がする 平安まだら
佳4 人形にかわいいと言えない小鳥 海月莉緒
佳3 桃味のガムが貼られた桐箪笥 涅槃girl
佳2 借り物のマスターキーで朝を呼ぶ 海月莉緒
佳1 爆笑で三者面談から帰る 真島凉
通販に総理の卵ありますか 柊無扇
超弩級ならどうしても許せない 西鎮
外気温ばかり気にしている毛糸 真島芽

#毎週web句会 第245回(2020/12/13-2020/12/19投句分)

投句フォームと結果に戻る

47名90句 森山文基選 入選20句
軒先に青薔薇飾るラーメン屋 涅槃girl
干し草のベッドではしゃぐ出会い系 まつもともとこ
流行の色を知ってる裁ち鋏 松澤秀幸
ネットからガラスの顎を狙われる 颯爽
鉤括弧付けずに喧嘩する度胸 てつろう
虹色の馬のグレーのかたち 見ろ 斎藤秀雄
水面へ未完の雪が呼ぶ金魚 抹茶金魚
トーストに虎の黄色い部分だけ 西沢葉火
鞄から取り出すドラえもんの皮 史っ
大腿骨は薔薇の苗床 千仗千紘
三日間同じ景色が続くバス 麦乃
教科書を見ない若さの使い道 袴田朱夏
佳5 老僧の指甘くして消えていく 浅井誠章
佳4 擬人化を赤字路線のバスが待つ 袴田朱夏
佳3 神様の前屈がまだ終わらない ペンギンおじさん
佳2 黒猫がマークシートになるあくび 南方日午
佳1 関節を回すと光るクリスマス 水鳥
ひまわりが頭を垂れるポチ袋 永峰半奈
幸せなふりをしているブラホック ちゅんすけ
晴れ女だっけそんなに涙して 尾崎良仁

#毎週web句会 第244回(2020/12/6-2020/12/12投句分)

投句フォームと結果に戻る

毎週web句会では未発表句のみを選の対象としております。柳誌での発表句、公民館での掲示、他のネット句会入選句、ブログ、twitter、noteでの公開など、媒体、形式は問わず、公表された句は発表済とさせていただきます。
こちらで気が付いた時は投句者に連絡しております。連絡に対して回答がなく3回発表済の句を投句された方は、それ以降投句自体を受付しておりません。ご了承願います。

48名92句 森山文基選 入選19句
マイナスドライバーだけで戦うの 西鎮
似合わないメガネをかけて守るもの 清水晴架
あんまんが電子レンジに怒鳴る冬 秋田新屋
約款は耳と乳房に分けておく ちゅんすけ
韻を踏むようにきちんと身だしなみ ヨッシー
随分と人馴れのする電子辞書 ところせまし
夕刊だから絨毯じゃない
出がらしの私ふとんに潜り込む 真島美智子
捨てられた音だと思うバッキャロー 真島久美子
絶望の左隣が空いてます
念力で負けてアプリを裏返す 颯爽
佳5 バスルームから去年のビンゴ 未補
佳4 蟷螂は文学的な夢を見る ほのふわり
佳3 虎狩りの熱を冷ましたスパイウェア 水城鉄茶
佳2 叩いたら噛みついてくるビスケット 涅槃girl
佳1 特殊詐欺はたらきそうな蟻を踏む 朝野陽々
温泉の回数券に嫌われる ほのふわり
人妻のまわりひそかに貝殻伏せ 斎藤秀雄
くちびるのふちどりまでは涅槃像 石川聡

#毎週web句会 第243回(2020/11/29-2020/12/5投句分)

投句フォームと結果に戻る

50名97句 森山文基選 入選22句
鶴に踏まれてもつれたのさかさまうどん 斎藤秀雄
惚れた男は行方不明になるようだ まつもともとこ
たい焼きを泳がせている地中海 浪速のマッキントッシュ
湘南のカモメになる日カレーライス スギサキカズヨシ
最終的に加湿器になる
まん丸で四角いものを神と呼ぶ 尾崎良仁
火木は給湯室に泊まる人 ペンギンおじさん
さり気なく声かけまくる池の鯉 秋田新屋
枯れ尾花だけはべらすあいつ 西脇祥貴
夕焼けはくしゃみで少し窪みます ちゅんすけ
山羊を飼うまえに畳をあたらしく 抹茶金魚
コンビニでおでんを買うと鳴る汽笛 涅槃girl
モザイクをかけ忘れても獏が来る 未補
コチュジャンを舐めれば舐めるほど深夜 永峰半奈
佳5 路線図に遅れてしまうショートボブ 南方日午
佳4 こんにちは犬に似ている日曜日 ところせまし
佳3 おだやかな暴言おはぎ拳大 斉尾くにこ
佳2 主題歌に含まれている二番風呂 西沢葉火
佳1 肋骨の花咲いている先斗町 宮坂変哲
弟の喪服で弟の法事 ヨッシー
さざんかの過剰防衛的敬語 斉尾くにこ
熱のあるウサギの顔でやり過ごす 水鳥

毎週web句会第242回(2020/11/22-2020/11/28投句分)

投句フォームと結果に戻る

45名87句 森山文基選 入選20句
注文にビビるハンバーガーショップ ヨッシー
焼き肉屋ここも椅子取りゲームだな 真島凉
傾いた地軸のせいで好きになる 袴田朱夏
宿題の和歌を暗記す青葡萄 加良太知
ローションにまみれて鳥も鳥籠も 横井来季
お抹茶にハマる中学二年生 真島芽
黒板を引っ掻いている黙示録
嘘をみちびく公式がある 榎本ユミ
午後五時にカラスほんまに鳴くのかな 澤井敏治
五本目の桜はいなくなった子か 麦乃
イイネ押す弥勒菩薩の薬指 まつもともとこ
特売日粘着テープ2巻買う 颯爽
佳5 アフリカを去るもの雲に去るものを連れ 斎藤秀雄
佳4 伝説の無い湖を暗号化 さこ
佳3 ネクタイをしたら金魚を吐いていい 未補
佳2 新薬の研究進む冬の空 菊池洋勝
佳1 風呂がまだ純水だった頃のワニ 西沢葉火
スローガン時々溝に落ちている 水谷裕子
花札で終わらせる旅人ごっこ 海月莉緒
いい人でしたお手をせぬ猫でした 斉尾くにこ