初恋抄2020

(卑弥呼の里川柳会のトップページへは上のヘッダー画像から)

初恋抄(9)2020年2月5日掲載

西日本新聞で「ヤング川柳」というコーナーを担当させていただいている。小学生から高校生まで、毎月約1600句の投句があり、毎週土曜日に入選句16句ずつと私の評が掲載されている。もう10年以上続けているし、毎週なので評にも締切にも四苦八苦しているのだが、子供達の感性に触れながら選をする時間は自分の原点を見ているようで幸せだ。

ある日「ヤング川柳」について、とある学校の先生から手紙を頂いた。「同じ生徒が入選していることが多いので、なんとか他の生徒も入選にしていただけませんか」という内容だった。私は入選句を決めるまでは作者名は見ない。「良い句だけど、この子はこの前入選したから今回は他の子の句にしよう」とか「あまり良い句じゃないけど、最近入選していないからオマケで入選にしよう」などと考えたことはないし、これからもこの姿勢を変えるつもりはない。子供達はみんな一生懸命に作句している。その姿を近くで見ている先生の気持ちはよく分かるのだが、句の良し悪しを度返しして掲載することは、子供達の努力を踏みにじることになりはしないか。学校では道徳の授業などで「平等」を学ぶ機会も多いだろう。私は「ヤング川柳」における「平等」は、みんなが順番に掲載されることではなく、誰の句であっても良い句がきちんと評価されることだと思っている。

手紙をもらったのと同じ頃、私が担当している別の小学校の川柳教室で生徒の一人が私のところに来て、
「久美子先生、私の句はまだ一回も新聞に載ってないよ。そろそろ私の番じゃないの?」
と言った。手紙との偶然に驚いたが、私はその子にこう言った。
「入選するということはとても難しいことよ。上手い子は何回も入選するし、6年間投句し続けても一回も入選できない子もいっぱいいると。だから先生はここで上手になるいろんなヒントを出してるよね?いつか入選するように、先生と一緒に頑張ろうね!」
残念そうなその子の顔を見ながら、私に手紙を書いてくれた先生の気持ちが痛いほど伝わってきた。

このお話は以前西日本新聞にも書かせていただいた。私の想いが伝わっているかはわからないが、変わらず毎月たくさんの投句をいただいている。責任の重さを感じながら、子供達の句と向き合う日々である。

初恋抄(8)2020年1月4日掲載

あけましておめでとうございます。今年も初恋抄によろしくお付き合いいただけたら幸いです。

私の地元、佐賀県では毎年「佐賀県文学賞」が開催されている。私が子供の頃はジュニアの部がなかったので、一般の部に投句していた。「通知表母が無言になりました」という句が小学4年生の時に入選して、とても嬉しかったことを覚えている(現在は小学生の部、中学生の部もある)。

この佐賀県文学賞だが、長年投句しているとどんな句が入選するのか「傾向と対策」という川柳家としては非常に面白くない現実が見えてくる。文学賞用に作句すれば入選するのだ。文学賞用の句が入選して新聞に掲載され、表彰式の様子も地元のニュースで流れる。いつも私は「文学賞用」の句でいただいた賞状を前に「これでいいのか?」と自問自答していた。これが川柳だと胸を張って言える句なのかもしれない。だが、これが「私の川柳だ」と胸を張って言えないではないか。そんな迷いを、毎年ごまかしながら投句を続けていた。

私はこの毎週web句会のみなさんの入選句を見る度に度肝を抜かれる。伝統川柳の中で生きてきた私にとって、毎週web句会の句は本気で入選しようと思っているとは思えないからだ。だが、その句の全てが輝いていて、信じられないほど自由で、その発想も表現も羨ましいとしか言いようがない。だから私も勝負することにした。

私は佐賀県文学賞に初めて「自分が好きな自分の句」を5句投句した。投句用紙を母に渡すと「これで良かと?」と言われたが「今回は好きな句だけ出す。入選せんやったらそいで良か。入選して嬉しか句だけ出すことにしたと」と答えたので、母は投げやりに感じたかもしれない。確かに、投句した後の「一席とっちゃうかも~」という図々しいワクワク感は一切無かった。

結果は信じられないことに「一席」だった。入選してこんなに嬉しいと思ったことは初めてで「え?え!?あの句が一席!?なんで!?」と、訳の分からない言葉を連呼してしまうほど、嬉しかった。自分らしさを認めてもらえることが、こんなに嬉しいことなんだと初めて知ったのだ。もちろん、毎回上手くいくわけではないが、これからも「自分らしさ」を大事に作句していこうと思う。毎週web句会の入選句を見ながら、この気持ちをしっかり磨いていきたい。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)