第10回特別句会【777,777アクセス記念】

自由吟
真島久美子、月波与生、樋口由紀子、森山文切 共選
投句数:66句(66名)  各選者入選句数:16句

4名入選: 0句
3名入選: 6句
2名入選:16句
1名入選:18句
0名入選:26句
*選者の自句は入選扱い

入選、没が割れた全40句の評
*3名入選、2名入選、1名入選の計40句全てについて選者の評を掲載しています。句に対して(作者に対してではない)批判的な部分もあります。「批判的な意見なんか見たくない!」という方は、閲覧しないでください。

選者の各句に対する立ち位置を明確にするため、初声の概念はなく入選順位のとおり掲載しています。各選者入選句のうち一番評価が低い句が一番上に掲載され、下にいくにつれて評価が高くなります。

真島久美子選
16 白線の内側にある起爆剤 おふうちゃんわびさび
15 少年の頸にひみつの真珠星 エノモトユミ
14 エピローグふたたびウサギ追いかける 斉尾くにこ
13 月刊誌『はにわと夢』の編集者 甘酢あんかけ
12 あの世には無いとお化けが寄るIKEA たにゆめ
11 遠巻きに見ているもののある野焼き 西沢葉火
10 右の頬ぶたれたあとに雪がふる 佐原キオ
9 殴るならまずはあんパンから狙え 笹川諒
8 かな遣ひま違へてより永蟄居 四線蛇
7 意味だけで立つ身体から腐敗臭 よーこ
6 おじさんがいたからおじいさんを消す 樋口由紀子
5 白ネギの泡沫にジェラシー幽か 安藤なみ
4 だまってる炭酸水と花火待つ コイデマワル
3 飛び魚に道を説かれる哨戒機 福村まこと
2 万華鏡きみはこっちを見て回す 杏野カヨ
1 傷口にひまわりの種埋めている 多舵洋
月波与生選
16 ラッキーも6つ続くとややウザい 雪上牡丹餅
15 手鏡に石原さとみ貼ってみた 水谷裕子
14 大輪の花火のかけら我に降る きむらゆき
13 おじさんがいたからおじいさんを消す 樋口由紀子
12 かな遣ひま違へてより永蟄居 四線蛇
11 じゅげむじゅげむ死なないための呼吸法 城水めぐみ
10 傷口にひまわりの種埋めている 多舵洋
9 天国にビシッと並ぶ電気椅子 ペンギンおじさん
8 遠巻きに見ているもののある野焼き 西沢葉火
7 花びらのいちまいずつにある追慕 澁谷さくら
6 右の頬ぶたれたあとに雪がふる 佐原キオ
5 パンストの値札の横のカムチャツカ 尾崎良仁
4 流し目の冷やし中華は許さない 芍薬
3 助手席で白身魚の七回忌 み浦よし彦
2 懐かしい水の太鼓が鳴る祭 斎藤秀雄
1 台風の目の真ん中で眠る鮭 坂中茱萸
樋口由紀子選
16 月刊誌『はにわと夢』の編集者 甘酢あんかけ
15 煙突の先から滲む文字の色 あまの太郎
14 ひょうたんの中で弾ける紙火薬 涅槃girl
13 サファイヤかアームカバーか選びなさい 箱森裕美
12 台風の目の真ん中で眠る鮭 坂中茱萸
11 パンストの値札の横のカムチャツカ 尾崎良仁
10 控えめな期待に揺れるゴムボール 岩倉曰
9 たこ焼きいか焼きたい焼きもどかしい 青山祐己
8 最終話チョレギサラダのアップから 森山文切
7 かな遣ひま違へてより永蟄居 四線蛇
6 透明なパンツをはいて離陸する
5 じゅげむじゅげむ死なないための呼吸法 城水めぐみ
4 殴るならまずはあんパンから狙え 笹川諒
3 セロニアス・モンクはセロニアス・モンク 加藤当白
2 逃がしたりせぬ炎天のりんご飴 真島久美子
1 北欧のふりして司書を拐かす 未補
森山文切選
16 棄てられて真実語りだすテレビ
15 白線の内側にある起爆剤 おふうちゃんわびさび
14 右の頬ぶたれたあとに雪がふる 佐原キオ
13 エピローグふたたびウサギ追いかける 斉尾くにこ
12 天国にビシッと並ぶ電気椅子 ペンギンおじさん
11 虹の色断りもなく七並べ 千仗千紘
10 流し目の冷やし中華は許さない 芍薬
9 傷口にひまわりの種埋めている 多舵洋
8 北欧のふりして司書を拐かす 未補
7 パンストの値札の横のカムチャツカ 尾崎良仁
6 ひょうたんの中で弾ける紙火薬 涅槃girl
5 万華鏡きみはこっちを見て回す 杏野カヨ
4 ポーンだけのチェスだ自殺はやめなさい 月波与生
3 サファイヤかアームカバーか選びなさい 箱森裕美
2 飛び魚に道を説かれる哨戒機 福村まこと
1 逃がしたりせぬ炎天のりんご飴 真島久美子

「第10回特別句会【777,777アクセス記念】」への1件のフィードバック

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)