毎週web句会第237回(2020/10/18-2020/10/24投句分)

投句フォームと結果に戻る

43名82句 森山文基選 入選25句
ロマンスが落ちているから千鳥足
差し込むと悲鳴をあげるカードキー 涅槃girl
ごめんごめんと花の揺れ加減 てつろう
金太郎飴が苦手な千歳飴 颯爽
ハイブリッドカーに乗ってひとり旅 西鎮
早朝のグノシエンヌと紅茶ラテ 水城鉄茶
ぬいぐるみ爆発的に生殖す 水城鉄茶
だいたいの道だいたいの人が踏む 斎藤秀雄
寒がりとりんごでキャッチボールする 月餅
観戦へ行けぬチームの布マスク 菊池洋勝
神無月平手でハエを叩けます 柊無扇
見合ごと鶴の折り方変えてみる 福村まこと
山羊に逃げだされて山羊飼いを名乗る 抹茶金魚
寝返りを打つと畳は吃りだす 平安まだら
泥水に浸かり太陽系に媚 藤井智史
まきびしを胸にばら撒く恋心 浅井誠章
肘掛の椅子の周りは敵ばかり 彦翁
佳5 二つ目の嘘は香りを放たない ちゅんすけ
佳4 うつくしく螺旋階段踏みはずす 史っ
佳3 いまは遠い毛遠い戸棚に隠れたり 斎藤秀雄
佳2 燃えている紋白蝶にお辞儀する 涅槃girl
佳1 薪割りに負けて多情な秋になる 水谷裕子
煮崩れた豆をぶつけてやりましょう さこ
画家を描く画家の偏執的な膝 未補
思春期の混乱として象を買う 未補

毎週web句会第236回(2020/10/11-2020/10/17投句分)

投句フォームと結果に戻る

42名80句 森山文基選 入選24句
最後まで一言多いミルフィーユ 水鳥
タヌキより重い女が泣いている さこ
ちょっと首ぎゅぎゅっと絞めてみた餃子 斉尾くにこ
老け役を強制される白髪ネギ 颯爽
洋食屋裏から父がいなくなる 史っ
コケシ増え母の旅路を知る帰省 中村まふゆ
ジョーカーを握りつぶして雨静か 浮世っ子
あの人は地図を見ないで旅をする ジョニー杉崎
泡立ちがいいと見えなくなる明日 ちゅんすけ
想い出は金木犀の薫る庭 まつもともとこ
長生きをしそうなあの人の嫌味 ヨッシー
嫌われたものだと思う想い人 海月莉緒
夕焼けを舐めればきっと甘辛い 更待月
駄菓子屋の隅で泣いてるメロンパン 秋田新屋
牛丼を食べると走る闘牛士 八郎
ペン先を舐めて一休さんになる 藤井智史
佳5 マシュマロのように数字を放りこむ 横井来季
佳4 クレヨンの寿司で解消する悩み 袴田朱夏
佳3 雷と雷様の分岐点 雪上牡丹餅
佳2 校門に挟まれている百舌自身 西沢葉火
佳1 弾くたび杏が香るピンボール 涅槃girl
主役よりイケメンだった包装紙 藤井智史
セクシーな掃除機として生き返る
同姓の他人を探す地下出口 福村まこと

毎週web句会第235回(2020/9/27-2020/10/10投句分)

投句フォームと結果に戻る

45名88句 森山文基選 入選27句
たけのこはチョコの分だけ強くなる 架森のん
スシローの寿司は握ってなどいない 真島芽
アースジェットで地球を狙う
締め切りが僕を生き返らせるのさ 尾崎良仁
行儀良い指を端から仕置きする 史っ
二秒ずつ息を止めても生きている さこ
北側の窓が瞬きをしない 西沢葉火
リードしてくれよ女にさせてくれ まつもともとこ
プラスネジ女難の相が見た地獄 颯爽
トンネルで廻り続ける糸車 涅槃girl
踊り子の鎖骨に止まる青い鳥 涅槃girl
記憶より白くなれない机は焼いて 未補
盆栽で爪研ぐ猫の反抗期 福村まこと
三分で振られてしまうカップ麺 藤井智史
内緒事ミラーボールに閉じ込める 水谷裕子
図の孔雀からっぽなのでしくしく押す 斎藤秀雄
ワッシャーの穴の重さのぶん浮いた 袴田朱夏
つるつると石鹸ばかり若返る 月餅
パレードが跳ぶ押しボタン式信号 抹茶金魚
佳5 岩盤に刻み込まれていくプラス 雪上牡丹餅
佳4 注釈のように張り付くコースター 平安まだら
佳3 へりくつをズラしてズレてとろみ系 斉尾くにこ
佳2 君の手に渡った赤いシーグラス 真島久美子
佳1 お小遣いこれっぽっちのコッペパン 真島凉
頬を揉みほぐすシャワー室のピエロ 更待月
小娘のみる夢だからHB ちゅんすけ
横浜の夜景散らばる君の脇 浅井誠章

毎週web句会第234回(2020/9/26-2020/10/3投句分)

投句フォームと結果に戻る

41名80句 森山文基選 入選24句
ケツバット笑えた春があったっけ 平安まだら
エンジェルの弓引く先に廃ホテル 架森のん
あの子ならあの子の恋を飛んでるよ 袴田朱夏
ガーターの先に東京タワーあり 月餅
硝煙にまみれたドアにノブがない 沢江風
馬鹿みたく半袖舐める迷い犬 海月莉緒
青春の画布に試し塗りの汚れ 更待月
側溝のフタを鳴らして孫が来る 松澤秀幸
追憶の珈琲ゼリーすくう夏 水鳥
被害者の傷に自己言及の塩 雪上牡丹餅
肩書は人畜無害サンシャイン 沢江風
指切った黄色い線の内と外 西沢葉火
ならわしに染まっていない朝が来る
宿帳に動物臭の崩し文字 福村まこと
口紅で集合場所を書くカラス 秋田新屋
封書に指紋きみとわたしの時差に雨 抹茶金魚
佳5 強風で崖から落ちるコルセット 涅槃girl
佳4 ゲシュタルト崩壊してる笠地蔵 宮坂変哲
佳3 学校は文房具屋の前にある ヨッシー
佳2 マウントを取りあう人のミルフィーユ 平安まだら
佳1 踊ってる人に踏まれている切符 さこ
カチューシャを外し疲れたカブトムシ 水谷裕子
耳に線条痕うさぎの歌は下手 未補
ご近所の書店じわりと雑貨店 斉尾くにこ

毎週web句会第233回(2020/9/20-2020/9/26投句分)

投句フォームと結果に戻る

46名88句 森山文基選 入選27句
ネットにも「モグラ叩き」を設置する まつもともとこ
エンドロール手にまだ残る缶ビール 澤井敏治
表情にすぐ出る顔が愛される ヨッシー
天国も地獄も昨日行ったじゃん 柊無扇
二十年まえに逃がした亀を拾う 抹茶金魚
ヒゲ付きのメガネをそっと仕舞う夜 中村まふゆ
オプションは土に埋まった潜水士 南方日午
正解はパーいきなりのグータッチ 斉尾くにこ
透明な辞書を抱えた老婦人 西鎮
ばあやから季節外れの虹届き 秋田新屋
ぎりぎりのところイノシシ攻めてくる
思い出に順位付けする解脱前 袴田朱夏
センサーが反応しない丸メガネ さこ
耳打ちをされたピアスが朽ちてゆく ちゅんすけ
マスカラの黒い涙で貼る切手 麦乃
滑舌をなめらかにする波の音 未補
月光を小銭で煽る販売機 福村まこと
黒ひげがポンと飛び出て僕は咲く 尾崎良仁
価値観をぶら下げている五葉松 藤井智史
佳5 村じゅうの蝶を起こして叱られる 史っ
佳4 偏食がかなり偏食たしなめる ヨッシー
佳3 教室に青いパンダの居る悪夢 横井来季
佳2 薄幸なハンカチだって逆上り 颯爽
佳1 落丁も乱丁も好き柿実る 更待月
地下室にラクダが育つ雑貨店 沢江風
新生姜漬ける会社へ就職す 菊池洋勝
図書館で卵握ればすぐ孵る 横井来季