毎週web句会第192回(2019/12/8-2019/12/14投句分)

投句フォームと結果に戻る

48名93句 森山文切選 入選28句
かまぼこの硬さで話すツイッター 甘酢あんかけ
ノリツッコミが間に合っているオフィス いゆ蘭
夕闇の過程になって目を閉じる 池田輔
君が好きあなたが好きと静電気 小林祥司
空にする婚活trashbox 藤井智史
ファミレスでエスメラルダの愚痴を聞く ひかる
通学路急に始まるテコンドー 水城鉄茶
昔からカシューナッツな奴だった 水鳥
へいこらがおいこらにああおまえもか
階段を転がってくる地中海 斎藤秀雄
勝てなくて鳥獣戯画を出られない 糸篠エリー
かまぼことかまぼこ板の心中物 笹川諒
ポリバケツ故意に置かれた夢の街 浅井誠章
‪あおぞらはのっぺらぼうのさみしがり‬ 杏野カヨ
向きを変え擦る蛇口の煤払い 菊池洋勝
片方の靴下に穴聖夜かな 菊池洋勝
密会の椅子取りあった停留所 福村まこと
出国の音を盗るパントマイマー 未補
眠気をふりほどけば生き仏の尻尾 千春
借りてきた漬物石に刻む鶴 涅槃girl
佳5 にんじんが舞台の袖で泣いている 冷川響
佳4 鰐と相席ささみ注文 サトシワタナベ
佳3 カフェラテの泡の密度に立ち眩む 西鎮
佳2 シンティ・ロマみたいな名前だが薬 笹川諒
佳1 正座して螺旋階段を眺める あさふろ
二重跳びしてるときだけ見える星 ペンギンおじさん
兄弟の蒸発前に傘を貸す 川合大祐
読んでいるのに白鳥になる手紙 斉尾くにこ

毎週web句会第191回(2019/12/1-2019/12/7投句分)

投句フォームと結果に戻る

45名87句 森山文切選 入選27句
すっぴんのキティちゃんから口説かれる  芍薬
網棚で冤罪晴らすスポーツ紙 福村まこと
‪万人に嫌われたくて花になる‬ 杏野カヨ
裏側を知って食べられない果実 日向彼方
ブラックホール抜けてウフフのポリ袋 澤井敏治
花見客みんな消されていなくなり 柊無扇
つつき合う鍋に偽善が浮いてくる 糸篠エリー
モノクロ眼鏡で見てもカラフル
手拍子の一瞬は気を抜いてみる いゆ蘭
手が遅い上に完璧主義である ヨッシー
親指とはなみずのサービス
泣きやめば斜め右から降る天使 尾崎良仁
円周角で学ぶ八方美人 雪上牡丹餅
自虐者の磔である固定ツイ 甘酢あんかけ
霧を抱くマルゲリータを真ん中に よーこ
知恵の輪をプールサイドに投げ捨てる toron*
凍てついたサーカス小屋の抱き枕 涅槃girl
チェイサーと言って気まぐれを差し出す 未補
指先を切るA4の化合物 真島久美子
佳5 ほとんどが紐ビキニだと聞いてます 水城鉄茶
佳4 造花からルンルンの汁あふれだす 斎藤秀雄
佳3 嘘をためらうジェット機の影 麦乃
佳2 再生ボタンがあるこの先から燃える いゆ蘭
佳1 ボラギノールの静止画は春ですか 池田輔
諦念を学芸員に見せに行く 笹川諒
工員を運ぶ車の排気量 西鎮
湯豆腐をダブルクリックする不倫 福村まこと

毎週web句会第190回(2019/11/24-2019/11/30投句分)

投句フォームと結果に戻る

50名98句 森山文切選 入選30句
目障りなタイムラインの草を刈る 甘酢あんかけ
納豆のためにそこまでしますかね 水城鉄茶
柿届くお日様並ぶ段ボール 井上雅代
断った勲章入れるレジ袋 颯爽
続編にまだ浮いているアレやコレ 真島久美子
生ハムの生にナイフを入れてみる 斎藤秀雄
取り乱す月の真下にある吐息 浅井誠章
はじめての機械はいつも人見知り 麦乃
くびすじをたどれば匂う地下通路 toron*
底辺の気持ちになれぬ二等辺 西鎮
じいちゃんが川で助けた森三中  芍薬
赤い靴ガラスの靴を売るサイト 糸篠エリー
丸ビルの施工図面なのでしょうか あさふろ
てんてんがてんてんてんになる時刻 袴田朱夏
緑青のふりかけ食べて遠い夏 ひかる
一本の補助線に似た飛んだギャグ ヨッシー
ダム底に沈んだままの仕掛け凧 涅槃girl
膨らませてから渡せばお守りだ 笹川諒
午後からは光る網戸に隠されて 西沢葉火
さびしくて二段階右折が見たい 笹川諒
画面見て年当てごっこ老夫婦 沙羅粗伊
地層をめくり猫のくるぶしの骨 抹茶金魚
佳5 唇をはなれてすべる新幹線 石川聡
佳4 セーターのほころび隠すフラダンス 水鳥
佳3 ぷにゅぷにゅを遊ぼう今日はうさぎのお 斉尾くにこ
佳2 グレゴリオ暦問い直す誕生日 雪上牡丹餅
佳1 白線に残されている靴の紐 冷川響
男前豆腐脱臼してはるわ 岩根彰子
汚さぬように無所属であるように 斉尾くにこ
牙を失えば村人役なのに いゆ蘭

毎週web句会第189回(2019/11/17-2019/11/23投句分)

投句フォームと結果に戻る

44名85句 森山文切選 入選26句
エアリプを虫取り網で子が捕獲 甘酢あんかけ
ほっこりのおこたにほっと滅茶苦茶茶 斉尾くにこ
滑り落ちそうで「令」の字馴染めない ヨッシー
改札口公私の道を入れ替える 田原勝弘
不器用で左を向いて生きてます まつもともとこ
ハンモックから落ちる国会 しゅっぽん
妻の音子の音今朝のキックオフ 糸篠エリー
ぬすっとを追いかけていて迷う道 西鎮
AI社会のどこに性差があるだろう いゆ蘭
軒下で鈴虫を飼う理髪店 涅槃girl
傷ついた夜の鞄に青林檎 尾崎良仁
マスクの下のブタになるはな
美しく生まれただけの毒林檎 真島久美子
寝台の笑顔が透けるパラダイス 浅井誠章
通路側歩くオフ会上級者  芍薬
弁当食うて牛が四頭 藤井智史
当たりクジいっつも話し中であり 岩根彰子
総集編だから手のひらを見せて toron*
佳5 シチューにもアレルギーあり冬に入る 菊池洋勝
佳4 鳩を射る抽象的な顔をして 水城鉄茶
佳3 人間に罪を被せてピーヒョロロ 西沢葉火
佳2 トナカイの鼻に誘われワインバー 水谷裕子
佳1 デパートのすべての椅子のなかの鶴 斎藤秀雄
マフラーをぐるぐる巻いて嘘をつく 文月栞
行き先が歪む電光掲示板 雪上牡丹餅
売れ残るパンに詳しい反抗期 福村まこと

毎週web句会第188回(2019/11/10-2019/11/16投句分)

投句フォームと結果に戻る

49名94句 森山文切選 入選29句
パッと咲いたらパッと散る会 雪上牡丹餅
お祭りが終わりふつうのラグビーへ ヨッシー
太陽の数だけ咲いた恋の花 ひかる
紅葉の川のせせらぎ白い息 井上雅代
文字列のすがたで貨物列車ゆく あさふろ
‪おやすみと言った人から羊色‬ 杏野カヨ
腎臓のかたちの物がきもちいい あさふろ
Googleに囚われている過去の僕 あぼがど
ぬか床に人魚隠した手で食べる かしくらゆう
歩き疲れて零余子になるよ 笹川諒
深爪のざわざわ波の到達点 大豆
未必の故意で押し花になる 芍薬
ワニらしく()の中は先に解く 西沢葉火
ジャズあればグラスの氷から溶ける いゆ蘭
北風になって哀しいことを言う 真島久美子
親知らずスワンボートの逃避行 中村佐貴
ほそながい焚き火に揺れて豆になる 斎藤秀雄
微糖に甘えてばかりの半生よ 空川実栄
白線を空へ飛ばせば2ポイント 水城鉄茶
ニュートンが隠し持ってたイチゴパフェ 水谷裕子
着ぐるみのコアラとパンダゴミを出す 藤井智史
佳5 正体をあばくと骨の1グラム 斉尾くにこ
佳4 蜘蛛の巣光る飲み屋の妃 サトシワタナベ
佳3 銀杏に説得されているデート 日向彼方
佳2 常勝を背負い野猿の浸るお湯 福村まこと
佳1 へのへのもへの小顔にするの サトシワタナベ
個人情報掲げた板が透けている 糸篠エリー
番台に少し湿った果たし状 涅槃girl
泥の舟嗚呼招かれているのだな 真島久美子